アルコール代謝研究アルコール代謝研究

アルコール代謝研究

健康成分クルクミン

試験結果

健常人を対象とした試験の結果、クルクミン30mgを含むウコン飲料はアルコール代謝において有用であることがわかりました。また、酒酔いでの頭痛等の不快な症状になる人が少ない傾向にありました。

試験方法

30~40歳代の男性被験者16名を2つのグループにわけ、試験はアルコール0.5mg/kg体重を摂取頂いた後、試験食*あるいはプラセボ*を摂取頂きました。被験者には試験食、プラセボのいずれを摂取頂いたのかは知らせていません。
その後、経時的に以下の試験項目の測定を行いました。

試験項目

測定項目1 血中アルコール濃度 / 測定項目2 呼気中アルコール濃度 / 測定項目3 平衡バランス試験 / 測定項目4 自覚症状アンケート図1

試験結果(要約)

  • クルクミン30mgを配合した飲料(100ml)は、飲酒時に摂取することで、アルコール代謝の改善が認められる。
  • 飲酒後の症状である、「顔がほんのり赤くなる」「気分が高揚する」など適度に気分の良い酒酔い状態になるが、平衡バランスが保たれ、頭痛等の不快な症状になる人が少ない傾向が認められる。
  • 被験者の血液検査結果や試験中の体調に悪影響は観察されなかった。

血中アルコール濃度 / 呼気中アルコール濃度 / 平衡バランス試験 / 自覚症状アンケート結果図2(出典1)

* 試験食:クルクミン30mgを配合した黄色い飲料(100ml)
* プラセボ:クルクミンを配合しない黄色い飲料(100ml)

  • 1. 応用薬理 Vol.72 No.1/2 p31-38 (2007)