健康成分クルクミン健康成分クルクミン

健康成分クルクミン

多岐にわたるクルクミンの作用

クルクミンは鮮やかな黄色を持つウコンの色素成分で、カレーに独特の色みを与えています。ポリフェノールの一種に分類されるクルクミンは、ウコンの主要な機能性成分としても知られています。これまでに抗酸化作用や抗炎症作用、肝臓を保護する作用、消化不良を改善する作用のほか、関節リウマチの改善や美肌など、クルクミンの作用は多岐にわたる分野で報告されています。

ハウス食品グループでは、 クルクミンを豊富に含む品質の良いウコンを作ることを目指して、クルクミンの生合成をテーマにした研究 を続けています。

品質の良いウコンを見つけるための研究

「クルクミンが身体に対してどのような効果があるか?」ということは、沢山の人が研究をしていて、アルコール代謝を始めとして、さまざまなことがわかってきています。しかし、「クルクミンがウコンという植物の中でどのように作られているか?」ということは、長い間、謎のままでした。こんなに有名な成分なのに、こんな基本的なことがわかっていないというのは不思議なことです。私たちは、これがわかれば、クルクミンを多く含む品質が良いウコンを見分けるのに役立つと思い、研究を始めました。

クルクミンとは?

クルクミンの作られる経路を解明!

ウコン中でクルクミンが作られる時の材料になると思われた物質について、それらのラベル化合物*を与えてウコンを培養し、そのウコンの中で作られたクルクミンを分析することにより、クルクミンの生合成経路、すなわち、材料物質がどのように組合さってクルクミンになるかということを解明しました。

クルクミンが作られる経路には2つの仮説があり、これまで30年以上に渡って、どちらが正しいのかわかっていませんでしたが、私達の研究により、正しい経路が明らかになりました。この成果は学術論文として、2008年にBiosci. Biotechnol. Biochem.誌に掲載されました(図1)

ラベル化合物を使用した実験によるクルクミン生合成経路の解明図1 ラベル化合物を使用した実験によるクルクミン生合成経路の解明

クルクミンを作る酵素の遺伝子を発見!

東京大学大学院農学生命科学研究科醗酵学研究室との共同研究で、ウコンの中でクルクミンが作られる時に働く酵素の遺伝子を発見しました。
ウコン中では、DCS(Diketide CoA synthase:ジケタイドCoA生合成酵素)とCURS(Curcumin synthease:クルクミン生合成酵素)の2種類の酵素が働く2段階の反応を経て、クルクミンが生成していると考えられます。これらの遺伝子単離に関する研究成果は、学術論文として2009年にJ. Biol. Chem.誌およびFEBS Letters誌に掲載されました(図2)

クルクミン生合成経路および関与酵素図2 クルクミン生合成経路および関与酵素